« 文化放送「走れ! 歌謡曲」 11/3放送を聞いて | トップページ | 有田焼 徳利とお猪口の携帯ストラップ »

2005/11/08

武蔵野市民文化祭「フェスティバル」

昨日は武蔵野市民文化祭「フェスティバル」が開催されました。この「フェスティバル」は約1ヵ月半間にわたり催された市民文化祭のフィナーレを飾るイベントで、毎年武蔵野市民文化会館(ARTE)大ホールで開催されます。

このイベントは毎回テーマがあり今年のテーマは「むさしの今昔」。合唱,民謡,詩吟,語り,空手,ジャズダンス等々で武蔵野市の今昔を表現していきます。

今回、武蔵野市民交響楽団(MCSO)はプログラムの最初で歌われる「むさしの市民の歌」の吹奏楽伴奏で参加しました。私はバスクラリネットを担当。当日の動きはこんな感じでした。

先ずMCSOだけでバランス等を確認した後、合唱の方々との合わせ練習。ステージ配置は合唱の方々が舞台前面で私達はその後ろ、ひな壇は使用しません。いざ練習を始めてみると、案の定、歌声が殆ど聞こえません。微妙にテンポがずれている感じがしましたが、何度か練習する内に段々と合ってきました。一通り動きなども確認した所で舞台練習は終わり、後は本番のみです。

プログラム開始前に式典がありました。来賓の方々のご挨拶や日本画や書道等展示部門の表彰等で、MCSOはその間にスタンバイ。式典が終わり、一旦緞帳を下ろしたところで合唱の方々も配置に着きます。緞帳が開くと同時に演奏開始。歌詞は3番まであります。数分後、無難に演奏は終了しました。

たった数分の本番ですがハプニングも無く終えて良かったです。

これで本番2つ目終了、後2つ...

« 文化放送「走れ! 歌謡曲」 11/3放送を聞いて | トップページ | 有田焼 徳利とお猪口の携帯ストラップ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵野市民文化祭「フェスティバル」:

« 文化放送「走れ! 歌謡曲」 11/3放送を聞いて | トップページ | 有田焼 徳利とお猪口の携帯ストラップ »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ