« 第53回武蔵野市民文化祭 市民音楽会2に出演 | トップページ | 武蔵野市民文化祭「フェスティバル」 »

2005/11/03

文化放送「走れ! 歌謡曲」 11/3放送を聞いて

次の日が休み、となるとついつい夜更かしをしてしまいます。

呑み歩いて帰った後はラジオを聞いてます。いつも聞くのは文化放送の「走れ!歌謡曲」。
この番組は深夜番組の草分けで、放送開始から35年以上も経ちます。パーソナリティは放送当初から女性(一時期男性もやっていたそうですが)で、局アナから演歌歌手,タレント,作家,講談師etcいろいろな方が勤めています。現在は、(火)中尾美穂(水)岩波理恵(木)大黒裕貴(金)南かなこ(土)小池可奈(日)鈴木純子(敬称略)の方々です。

今日は木曜日、演歌歌手の大黒裕貴さん(ユッキー)の担当日です。ユッキーの日は「生歌コーナー」があります。ユッキーが持ち歌以外の曲を基本的に生で歌う、というコーナーです。歌う曲は演歌に限らずいろいろなジャンルの曲を歌ってます。先月はギター1本の伴奏で「小さい秋見つけた」を歌ってました。

今日はやはりギター1本の伴奏で、曲は美空ひばりさんの後年の代表曲「悲しい酒」でした。キーも高くて難しい歌です。今回は都合により録音でした。番組を聞き始めたときは酔いに任せて高揚とした気分でしたが、ユッキーの「悲しい酒を」を聞いているうちに何ともいたたまれない気分になってきました。歌声が心に染みてきて悲しくなり涙が出てきました。聴き終わっても暫くは心の中が何とも言えない気持ちになっていました。

歌を聴いてこんな気持ちになったのは、何時以来だろう。ユッキーは本当に歌が上手です。どんな歌でも「自分の歌」にするだけの上手さがあります。持ち歌は勿論、この「生歌コーナー」でもその実力は何度も耳にしています。それでも、今日、こんな感想を持ったのは酔っぱらっているせいでしょうか、それとも私が「悲しい酒」を好きなだけでしょうか。違うと思います。本当にユッキーの歌声が人の心を「動かした」のだと思います。

普段、この番組を聞いている時は楽しい気分なのですが、今日は心が揺れてました。こんな気持ちにさせてくれた歌を聴けて今日は嬉しかったです。これからもがんばれ、ユッキー。

« 第53回武蔵野市民文化祭 市民音楽会2に出演 | トップページ | 武蔵野市民文化祭「フェスティバル」 »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文化放送「走れ! 歌謡曲」 11/3放送を聞いて:

« 第53回武蔵野市民文化祭 市民音楽会2に出演 | トップページ | 武蔵野市民文化祭「フェスティバル」 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ