« 2005国際クラリネットフェスト TAMA東京 | トップページ | 関東で震度5強の地震 »

2005/07/21

東京都立工業高等専門学校吹奏楽部 第42回定期演奏会

母校の東京都立工業高等専門学校(都立高専)吹奏楽部の定期演奏会が、7月18日(月・祝日)に同校2F中央ホールにて開催されました。私はOBエキストラでバスクラリネットで出演しました。当日のプログラムは次の通りです。

第1部 Pops Stage
 ・スターパズル・マーチ/小長谷 宗一
 ・サンチェスの子供たち/C.マンジョーネ
 ・ノートルダムの鐘/A.メンケン

第2部 Symphonic Stage 指揮:浅海 伸夫先生(都立高専講師)
 ・たなばた/酒井 格
 ・シンコペーテッド・クロック/L.アンダソン
 ・ブルー・タンゴ/L.アンダソン
 ・ウェールズの歌/A.O.デイヴィス

難易度が余り高くなく比較的聴き易い曲が並びました。これまで定期演奏会は4月後半の土曜日、場所は品川区立総合区民会館「きゅりあん」大ホールで行ってきました。しかし、最近は部員減少のあおりを受けて1000人規模のホールでの演奏会開催は色々な面で厳しくなり、今年はきゅりあんでの開催を断念してしまいました。演奏会も中断かなと思っていましたが、現役特に幹部学生が一生懸命動いて学校の中央ホールでの開催までこぎつけた次第です。

何もかも手作り&試行錯誤の連続です。舞台はあるものの、ひな壇はありません。代わりに各教室の教壇用の踏み板を幾つも並べます。指揮台が無いことも判明、吹奏楽部Web Siteの掲示板に現役達がその事を書いたら、OBが手作りしてくれました。パンフレットも今までは印刷業者に発注してたのも止めて、学校で自分達で印刷&折込します。
050720_08210001

部員数は今年入った1年生6人を加えて11人、彼らだけでは演奏にならないのでOB,OGやエキストラの方等を集めて、ようやく合奏できる状態になりました。出演したOB,OGの皆さんお疲れ様でした。また忙しい中出演してくださったエキストラの皆様どうもありがとうございました。

練習は6月頃から休日練習が組まれ、社会人達も参加しやすくなったのですが、私は色々と忙しく、本番前日と本番のみ参加しました。もっと早くから参加したかったのですが、都合がつかず申し訳無いです。

本番のできですが、まぁ色々と制限がある中では人に聴かせられる演奏ができたかなと思います。個々人では緊張して実力を発揮できなかった箇所もあったでしょう。また楽譜にかじりつきになってしまい、指揮を見る余裕が無く走ったりもしました。でも、これが今の彼らの実力です。今回は「演奏する楽しさ」を感じてもれえれば良し、としたい所です。打ち上げの席でも現役達に話しましたが、次回以降は「人に聴かせる楽しさ」を感じてもらいたいです。

個人的には「サンチェスの子供達」が20年振りの演奏だったので懐かしかったですね。

打ち上げの席で顧問の先生が仰ってましたが、来年度から校名が変わるそうです。今、都立高専は改革の真っ只中にあり校名変更もその一環のようです。と、言うことは、「都立高専吹奏楽部」での定期演奏会は今回が最後ということになります。OBとしては少し寂しいですが、校名が変わっても吹奏楽部が引き続き活動し年1回の定期演奏会も小規模ながら開催できれば嬉しいですね。

« 2005国際クラリネットフェスト TAMA東京 | トップページ | 関東で震度5強の地震 »

音楽」カテゴリの記事

都立産技高専吹奏楽部(旧 都立高専吹奏楽部)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京都立工業高等専門学校吹奏楽部 第42回定期演奏会:

« 2005国際クラリネットフェスト TAMA東京 | トップページ | 関東で震度5強の地震 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ