« 風邪っぴきの時の呑み | トップページ | 今日の呑み-荻窪いちべえ »

2005/04/07

鬱状態からの脱却(希望)

週末はかなりきつかったです。

土曜日は午前中カウンセリングに行った後仕事、日曜日は楽団の練習後に年1回の定例総会しかも4時間も....
金・土夜は総会準備の為にほぼ貫徹でした。へとへとに疲れました。

その反動あってか、一昨日・昨日はダウンしてました。仕事も休みました。とてもじゃないけど動けない。いつもなら1日だけ休んで無理して復帰するのですが、昨日はかなり強引に休みました。

実は私、3年前に激務・家庭の事情や楽団の仕事等色々な事が重なって中度の鬱病にかかってしまいました。いまでも鬱状態から抜けきれず、心療内科とカウンセリングに通っています。

できれば仕事と名の付くもの(職場も楽団も)は全部辞めたい、けど喰っていく以上それはできない。できることは上司や楽団の役員と相談して、無理をせず休むときは休むようにしていくしかありません。楽団の方は自分で調整できます。きついなと思ったときは練習を休めばいいんです。職場の方も幸いか今の直属上司は理解のある方で、休んでも良いと仰っていただいてます。少し環境は良くなりつつあるかもしれません。

残るは、いつまで続くか判らない今の業務です。業務内容が製品の不具合調査なので、スケジュールが見えません。1日の作業内容がころころ変わるときもあります。それに、今は業務上のマネージャーと所属の上司は別なのです。これがちょっと困ってます。業務上のマネージャーはかなりタフと見えてバリバリに働いています。正直今の私はついていけません。休日出勤も半ば当たり前の様に依頼されます。こうなったら、自分で無理をしないよう心がけるしかありません。先月はかなり無理をしました。楽団の方でも合宿や総会などで忙しいのがさらに輪をかけました。月末は当日休暇連絡(業務上余りよろしくないですよね)を何度もしてしまいました。

今は2日休んだおかげで大分調子も戻りつつあります。今月はもう無理をしないように心がけたいです。

無茶をしなくちゃいけない時は巡って来ます。でも無理はしたくないです。

« 風邪っぴきの時の呑み | トップページ | 今日の呑み-荻窪いちべえ »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬱状態からの脱却(希望):

» 17歳ならぬ27歳のカルテ
『思春期病棟の少女たち』を読んだ私の鬱病処方箋
[Art Grey]
スザンナ・ケイセン著『思春期病棟の少女たち』を読んだ元鬱病患者の感想…のようなもの。 [続きを読む]

« 風邪っぴきの時の呑み | トップページ | 今日の呑み-荻窪いちべえ »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ