« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

2005/04/30

今日の呑み-荻窪いちべえ,Panchi

 今日からゴールデンウィークですねぇ。巷では10連休の方もいらっしゃるのでは。私の勤め先は一応暦通り、5/2,6は出勤日ですが有給取得を奨励しています。私はというと、5/2は事務所,5/8は客先で作業です。5/6は仕事の按配次第といったところです。てな訳で、私のゴールデンウィークは前半のみになりそうです。

 今日はまどろんでいました。前日夜中からラジオを聞いていて、午前9時ごろからは横になってうたた寝したり遅い食事を取ったりしていました。夕食は作るのが面倒だったので外に出かけました。一週間ぶりに荻窪いちべえに行きました。

お店は、まぁそこそこの賑わいでした。先週は混雑していてカウンターも一杯でどこに席あるの?という具合でしたが、今日はカウンターに通されました。頼んだ料理は、大根サラダ,イワシはさみ揚げ,肉豆腐,冷やしトマトの4品。それにあわせたお酒は次の通り。

 ・中生ビール(サッポロ)
 ・村祐 冴特別純米
 ・南 純米吟醸
 ・王禄 渓 純米吟醸
 ・鶴齢 純米吟醸 五百万石50%
 ・奈良萬 純米中垂れ

村祐は新潟お酒で、蔵元がドイツワインが気に入ってその味に近づけたいと仕込んだお酒。甘口です。特別純米→純米吟醸→純米大吟醸と米を研ぐほどに甘くなっていきます。今日注文した料理はちょっと濃い目なので、この中では甘くない特別純米にしました。料理に合って食欲をそそります。

鶴齢も新潟のお酒です。酸度2.0と酸味が強いのかなと思いましたが、米の味が引き立っていて味わい深いお酒です。

王禄 渓はラペルがちょっと手が込んでます。
050422_22250001050429_21590001

写真はラベルの表と裏を写したものです。表は「渓」の文字,裏には川魚が描かれています。ここまで凝っているのも珍しいです。味はというとこれまた旨い!。王禄の純米は辛口なのですが、この純米吟醸は旨味が強調されていて呑みやすいです。王禄はどのお酒も個性があって呑み応えがあります。

閉めは、奈良萬。酸味と旨味のバランスが取れていて美味しいお酒です。


いちべえを後にし、もう少し呑みたいなと思いPanchiに寄りました。アサヒ生を2杯。のんびりと呑み楽しい時を過ごしました。私には落ち着けて良いお店です。

今日はのんびりと楽しい時を過ごせました。

2005/04/26

最近の仕事と具合

一応、仕事はしています。先月から関わっている客先研究所での製品不具合調査は続いています。仕事量は以前に比べて落ち着いてきました。さすがにというかやっぱりというか、仕事バリバリのマネージャーも体調的に精神的にきつかったらしく、人員が増えたり1日の稼働時間が短くなったりしてきました。私はいうと、平日昼間要員の様な扱いらしく、休日出勤も今月はありません。でも、先が見えないのは相変わらずです。客先との打ち合わせで作業内容が変わってきます。

「平日昼間要員の様な」というのは、はっきりと言われたわけでなくこれまでの結果です。週末は仕事があるのか無いのか判らない、といった感じです。おかげで予定が立てにくいです。先週も行きたかった演奏会を諦めざるを得なかったです。仕事が無いと判った金曜日は自棄でめちゃくちゃ呑みました。

体調は幾らか戻ってきました。「完全回復!!」ではありませんが、そこそこ元気になってきました。まぁ、辛い時は仕事だろうが楽団の練習だろうが休んでしまえ、といった具合でここ2,3週間過ごしてきたので、適度に休んだのが幸をそうしたのかも知れません。考え方も変わってきました。明らかに今月初めは鬱状態だったと思います。全て否定的なものの考え方しかしてませんでした。最近は幾らか楽観的に物事を考えられるようになりました。この調子を持続していきたいですね。

さて、仕事ですが、5月も続くらしいです。GW中も停電時以外はやれ、と客先は言っているようです。少しはこっちの身にもなってみろ、と言いたいです。今後は体制は少し変わるかもしれません。でも私も引き続きこの仕事に就くかどうかは不明です。できれば、早く抜けたいですね。

愚痴ばかりになってきました。次はもっと違うことを書ければ良いですね。

2005/04/21

今日の食・呑み-荻窪 鳥よし

約二週間ぶりに鳥よしに行きました。
お店は結構込んでいました。カウンターの一番隅で焼き場の前の席に案内されました。実はこの席、常連さんが多く案内される席だったりします。店長と話しなが食べたり呑んだりするのも楽しいものです。

今日食したのは、串焼きタレ一人前,冷奴,塩もみきゅうり,鳥刺しに銀ムツ。

串焼きは今日はタレ。一人前5本で、レバー,皮,ハツ,砂肝,正肉です。レバーは全く臭みがなく美味しかったです。ここのレバーを食べると他のお店では食べる気がしません。
鳥刺しはその名の通り鶏生肉を刺身にしたもの。ワサビ醤油につけて食べます。生で食べることができるのは新鮮な証拠。トロッとしていて美味しいです。
銀ムツは店長自ら築地で仕入れたそうで、最近はなかなかお目にかかれないとの事。何でも安く出回っているのは実は深海魚なんだそうです。銀ムツは西京味噌漬けにし炭で焼きます。油がのっていて身に旨味があります。

これらの料理にあわせて呑んだお酒は....
 ・アサヒスーパードライ生中 4杯
 ・サッポロクラシック缶
 ・真澄 純米酒

スーパードライ生は瓶よりも口当たりが優しい感じがします。サッポロクラシックはスーパードライ生よりも苦味がありますが、すっきりした味わいです。
真澄は長野のお酒です。くせも無く米の味がしっかりしていて呑みやすかったです。食中酒に最適だなと思いました。

いろいろ食べたり呑んだりして満足な気分で帰りました。

2005年の八重桜

近所に植わっている八重桜です。満開ですが、今日の雨で散り始めてしまいました。CA250031CA250032

2005/04/13

今日の食-いねや荻窪店

夕食に今日寄ったのはいねや荻窪店

ファミレスRoyal Hostが経営する和食レストランです。場所は荻窪駅南口を出て荻窪南口仲通商店街を歩いて直ぐ右手のビルの2階にあります。1階はRoyal Hostです。

釜炊きご飯と豆腐を前面に出しています。素材にこだわって本物の味を提供するとの事。品数は普通のファミレスと比べて少なめです。お酒はビール,リキュール,焼酎,日本酒等各種あります。日本酒は800-1,100円で10種類程の品数、まぁ少しは興味が沸きます。でも今日は生ビール(ハートランド)だけにしました。

店内は和を基調とし間接照明を多用した落ち着いた雰囲気。座敷席とテーブル席があります。

食事は五目釜飯定食。釜飯に自家製豆腐,玉子焼き,味噌汁に京漬物の5品です。味はどれも結構美味しかったです。豆腐は巷のスーパーで売っているような味気ないものとは全く異なり旨味がかなり感じました。釜飯や味噌汁などは濃すぎず薄すぎず丁度良い味です。難癖をつけるとすると、これと言った突出した品が無いのと味にやや統一感が感じられ無かったことです。それでも、粗末な物しか出さない瑣末な居酒屋やレストランに比べたら断然こちらの方が美味しいでしょう。

量ですが、各品一つ一つは多いわけじゃありませんが、全体としてはかなりの量に感じました。

下手な居酒屋に行くよりは、断然こちらの方が満足する食事にありつけます。予算は食事だけなら\1,500円程度でしょうか。お酒を呑むともう少しかかります。

また寄っても良いなと思わせるお店です。


--
《2011年4月追記》
いねや荻窪店は2010年11月下旬に閉店し、2011年3月からピザ店のシェーキーズが営業しています。

2005/04/08

2005年の桜その2

050408_18420001

客先研究所正面にある桜です。お見事です。

2005年の桜その1

050408_11200001


客先研究所へ行く途中に通る桜並木です。満開です。

今日の呑み-荻窪いちべえ

意外と早く仕事が終わったので、夕食は荻窪いちべえに行きました。

今日食したのは、茄子煮浸し,イワシはさみ揚げ,すき焼き風肉じゃが,冷やしトマトの4品。それに合わせたお酒は次の通り。

 ・中生ビール(サッポロ)
 ・天青
 ・石のかんばせ 純米生
 ・梅酒 雑賀清酒 ロック
 ・南 純米吟醸 斗瓶取り壱号

天青は昨日仕入れたお酒だとの事。人気があるため今日時点で1/4程度しか残っていませんでした。どっしりした呑み口ですが、嫌味な香りや味はしません。和食に良く合います。

石のかんばせは甘口のお酒。無色透明な瓶に男性が描かれているラベルと、見かけは一風変わっています。これまた、和食に合うお酒です。

梅酒はここ最近お店が仕入れ始めたとの事。今は10種類程度置いています。いちべえに置いてある梅酒は、日本酒をベースに梅と糖類を掛け合わせたものです。分類では「リキュール」になります。雑賀は和歌山県の日本酒蔵元です。店主の桂馬さんのお薦めで、試しに呑んでみました。呑んだみたら美味しいこと!!。梅の香りが仄かに香り、糖分の甘みも丁度良く、食後酒にはいいんじゃないかと思いました。仮に、一升瓶を目の前に置かれたら、きっと全部呑みほしてしまうでしょう。それ位呑みやすいお酒です。辛口の日本酒や芋焼酎が苦手な方でもこのお酒はきっと楽しんでもらえると思います。

最後に呑んだ「南」は今期2回目の呑み、やっぱり美味いです。このお酒は食前/食中ではなく食後に呑む事をお薦めします。

大分満足して(前回は風邪気味で味が判らなかった(T_T)お店を後にしました。

2005/04/07

鬱状態からの脱却(希望)

週末はかなりきつかったです。

土曜日は午前中カウンセリングに行った後仕事、日曜日は楽団の練習後に年1回の定例総会しかも4時間も....
金・土夜は総会準備の為にほぼ貫徹でした。へとへとに疲れました。

その反動あってか、一昨日・昨日はダウンしてました。仕事も休みました。とてもじゃないけど動けない。いつもなら1日だけ休んで無理して復帰するのですが、昨日はかなり強引に休みました。

実は私、3年前に激務・家庭の事情や楽団の仕事等色々な事が重なって中度の鬱病にかかってしまいました。いまでも鬱状態から抜けきれず、心療内科とカウンセリングに通っています。

できれば仕事と名の付くもの(職場も楽団も)は全部辞めたい、けど喰っていく以上それはできない。できることは上司や楽団の役員と相談して、無理をせず休むときは休むようにしていくしかありません。楽団の方は自分で調整できます。きついなと思ったときは練習を休めばいいんです。職場の方も幸いか今の直属上司は理解のある方で、休んでも良いと仰っていただいてます。少し環境は良くなりつつあるかもしれません。

残るは、いつまで続くか判らない今の業務です。業務内容が製品の不具合調査なので、スケジュールが見えません。1日の作業内容がころころ変わるときもあります。それに、今は業務上のマネージャーと所属の上司は別なのです。これがちょっと困ってます。業務上のマネージャーはかなりタフと見えてバリバリに働いています。正直今の私はついていけません。休日出勤も半ば当たり前の様に依頼されます。こうなったら、自分で無理をしないよう心がけるしかありません。先月はかなり無理をしました。楽団の方でも合宿や総会などで忙しいのがさらに輪をかけました。月末は当日休暇連絡(業務上余りよろしくないですよね)を何度もしてしまいました。

今は2日休んだおかげで大分調子も戻りつつあります。今月はもう無理をしないように心がけたいです。

無茶をしなくちゃいけない時は巡って来ます。でも無理はしたくないです。

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ