« 第6回 カレーなる戦い in 杉並 | トップページ

2018/05/06

家呑み-羽水 純米

栃木県さくら市にある株式会社せんきんの「羽水(うすい)」純米です。「仙禽(せんきん)」で有名な蔵元が2017年より製造・販売している新銘柄で、今年が2期目になります。精米歩合から純米大吟醸クラスのお酒です。

Img_2448
栓を抜くとバナナの様な柔らかい香りが漂います。器に注いだお酒の色合いは、ほぼ無色です。

いつもの様に冷蔵庫で冷やした状態の一口目、柔らかい口当たりです。口に含むと先ず旨味を感じますが、すぐさま酸味がバナナの様な香りを伴って拡がります。少しですがお酒の辛さも感じます。呑み込んだ後もしばらくの間お酒の味が口中に残ります。

口中で転がすと酸味が強調され、バナナ香が鼻腔から抜けていきます。室内において温ませると、酸味が弱まり旨味が出てきました。

温度帯によって酸味だったり旨味などを程よく感じますが、決して濃すぎず呑み易いお酒です。様々な料理に合わせやすいかと思います。

このお酒も開栓後はほぼ1週間置きに呑んでいましたが、味わいの傾向は殆ど変わりませんでした。食事中や食後で呑むことが多かったのですが、食前酒として呑むのもアリだと思います。

食中酒としては、菜の花や新タマネギ等の野菜や初鰹のお刺身など、春の味覚と合わせて呑んでいました。

裏ラベルには「羽のように軽く、水のように透明」と書かれていますが、成る程重くなく軽やかで且つ雑味が無く済んだ印象のお酒でした。

ただ、個人的にチョイと不満だったのは、ラベル等の表記が判りにくかった事。精米歩合からこのお酒は「純米大吟醸酒」になるのですが、ただ「純米」としか表示されていなかったので、最初手にした時は戸惑いました。日本酒のラベル表記については、業界で統一されていない部分があって判りにくいなぁと思う事がしばしばありますが、このお酒についても感じました。「いい加減、業界が一枚岩になって表記統一しろよ」と今回も思いました。


羽水 純米
  醸造元:株式会社せんきん(栃木県さくら市)
  原料米:山田錦,精米歩合:麹米40%,掛米50%
  アルコール度数:15度,日本酒度:記載無し
  酵母:栃木酵母,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2018年3月
  購入場所:宮田酒店,価格:2,800円+消費税(1800ml)
  ※原料米は酒販店Blogから転記


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

« 第6回 カレーなる戦い in 杉並 | トップページ

お酒」カテゴリの記事

家呑み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82807/66685099

この記事へのトラックバック一覧です: 家呑み-羽水 純米:

« 第6回 カレーなる戦い in 杉並 | トップページ

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

にほんブログ村

  • にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 杉並区情報へ
  • にほんブログ村 酒ブログへ
  • 宜しければ↑を『ぽちっ』とクリックしていただけると嬉しいです。
無料ブログはココログ