« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017/09/30

家呑み-白岳仙 純米吟醸奥越五百万石 透き通る辛口 中取り

福井県のお酒です。「白岳仙(はくがくせん」の純米吟醸中取りです。蔵元は福井県福井市の安本酒造有限会社です。酒米は福井県産の五百万石を使用しています。

Img_2187
栓を抜くとスモーキーな香りがします。器に注いだお酒は少し濃いめの黄緑色です。

冷蔵庫で充分冷やした状態での一口目、スッキリとした口当たりです。先ず酸味を感じますが、すぐ旨味が口中に拡がります。呑み込むと酸味と若干苦味が残ります。

口中で転がすと酸味がやや立ってきました。温んでくると旨味が少し前に出てきましたが、苦味も僅かですが感じます。

キンキンに冷えた状態だとスモーキーな辛口ですが、温んでくると旨味が出てきます。また、コクの様なものの感じるようなりました。微妙な温度変化で味わいも変わってきます。

開栓後はほぼ一週間置きに呑んでいましたが、スモーキーな辛さは弱まって酸味が少しずつ出てきました。この傾向は吞み終えるまで変わりませんでした。

専ら食事中に呑んでいました。香ばしい鰹のたたきと合わせたりしましたが、食が進みましたねぇ。

「透き通る辛口」とありますが、薄っぺらな辛口ではなくお酒の味は十分感じます。アチキとしては開栓直後よりも、少し日を置いてからの方が好みの味わいでした。食中酒向きなお酒だと思います。

白岳仙 純米吟醸奥越五百万石 透き通る辛口 中取り
  醸造元:安本酒造有限会社(福井県福井市)
  原料米:福井県産五百万石,精米歩合:麹米55%,掛米58%
  アルコール度数:15度以上16度未満,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2017年5月
  購入場所:宮田酒店,価格:2,700円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2017/09/18

家呑み-綿屋 特別純米酒 美山錦

8月に呑んでいたお酒の感想です。宮城県栗原市の金の井酒造株式会社の「綿屋(わたや)」特別純米酒です。酒米は長野県産の美山錦を使用しています。

Img_2180
栓を抜くとうっすらと吟醸香を感じます。ほぼ無色透明なお酒です。

一口目は冷蔵庫で十分冷やした状態で。円くて滑らかな口当たりです。ヨーグルト風な酸味の後に旨味が口中に拡がります。呑み込んだ後も暫くお酒の余韻に浸れます。

口中で転がすと少し苦味が出てきました。室内に少し置いて温ませると口当たりの滑らかさと酸味は弱まりましたが、さらに温んでくると酸味が再び出てきました。

酸味と旨味が程よく出ていてしっとりとした感じ、このお酒の第一印象ですが、微妙な温度変化で味わいも変わってくるようです。

開栓してからはほぼ1週間後に再び呑んでみると、ヨーグルト風な酸味は感じず旨味主体の味わいとなり、口当たりも少し硬くなったように思いました。しかし、呑み進めてお酒が温んでくると、口当たりが柔らかくなって呑み易くなりました。こちらの方がアチキ好みです。

その後、ほぼ一週間おきに呑んでいましたが、味わいに変化はありませんでした。冷蔵庫から出したばかりのキンキンに冷えた状態よりも、やはり少し温んだ方がアチキ好みでした。

食事中に呑む事が多く、お酒の味は十分あるものの料理の味の邪魔はしないので、〆鯖や青菜の胡麻和え、カマンベールチーズ等と合わせて呑んでいました。料理に合わせやすいお酒だと思います。

綿屋 特別純米酒 美山錦
  醸造元:金の井酒造株式会社(宮城県栗原市)
  原料米:長野県産美山錦,精米歩合:55%
  アルコール度数:15度,日本酒度:+5
  酵母:宮城酵母,酸度:1.6,アミノ酸度:記載無し
  杜氏:南部杜氏 鎌田 修司
  製造年月:2017年6月
  購入場所:髙原商店,価格:2,900円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2017/09/03

家呑み-榮光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 星祭 2017

2017年に呑んだ夏の純米大吟醸です。「榮光冨士(えいこうふじ」の純米大吟醸 無濾過生原酒 星祭です。蔵元は山形県鶴岡市の冨士酒造株式会社です。

Img_2160
呑み始めは7月後半、栓を抜くと華やかな上立ち香がします。器に注いだお酒は、少し黄緑色がかった色をしています。

では一口目、優しい口当たりです。酸味と旨味が豊かで、まるでお米のジュースの様な味わいです。呑み込んだ後もジューシーさが口中に残っています。

口中で転がすと酸味が一層拡がります。温んでくるとチョイと旨味が出てきて、香りも立ってきました。

呑みやすいお酒です。食前酒としていただくのは勿論、料理とあわせたり食後に呑むのも楽しいかもしれません。

アチキは、焼き茄子や鱧の湯引きなどを食べながらこのお酒を呑んでいました。

開栓してからはほぼ1週間置きに呑んでいました。ジューシーさは少し弱まって落ち着いてきた感じになりましたが、味わいに大きな変化はありませんでした。

酸味と旨味を十分感じますが、味が濃すぎないので呑み飽きしません。暑い夏の日(そうでない夏の日でも)にこのお酒を呑むと、涼を得られて楽しいひと時を過ごす事ができました。

榮光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 星祭 2017
  醸造元:冨士酒造株式会社(山形県鶴岡市)
  原料米:まなむすめ,精米歩合:50%
  アルコール度数:16.0%,日本酒度:-1.0
  酵母:山形酵母,酸度:1.4,アミノ酸度:1.0
  製造年月:2017年6月
  購入場所:髙原商店,価格:2,778円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

フォト
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

にほんブログ村

  • にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 杉並区情報へ
  • にほんブログ村 酒ブログへ
  • 宜しければ↑を『ぽちっ』とクリックしていただけると嬉しいです。
無料ブログはココログ