2018/05/06

家呑み-羽水 純米

栃木県さくら市にある株式会社せんきんの「羽水(うすい)」純米です。「仙禽(せんきん)」で有名な蔵元が2017年より製造・販売している新銘柄で、今年が2期目になります。精米歩合から純米大吟醸クラスのお酒です。

Img_2448
栓を抜くとバナナの様な柔らかい香りが漂います。器に注いだお酒の色合いは、ほぼ無色です。

いつもの様に冷蔵庫で冷やした状態の一口目、柔らかい口当たりです。口に含むと先ず旨味を感じますが、すぐさま酸味がバナナの様な香りを伴って拡がります。少しですがお酒の辛さも感じます。呑み込んだ後もしばらくの間お酒の味が口中に残ります。

口中で転がすと酸味が強調され、バナナ香が鼻腔から抜けていきます。室内において温ませると、酸味が弱まり旨味が出てきました。

温度帯によって酸味だったり旨味などを程よく感じますが、決して濃すぎず呑み易いお酒です。様々な料理に合わせやすいかと思います。

このお酒も開栓後はほぼ1週間置きに呑んでいましたが、味わいの傾向は殆ど変わりませんでした。食事中や食後で呑むことが多かったのですが、食前酒として呑むのもアリだと思います。

食中酒としては、菜の花や新タマネギ等の野菜や初鰹のお刺身など、春の味覚と合わせて呑んでいました。

裏ラベルには「羽のように軽く、水のように透明」と書かれていますが、成る程重くなく軽やかで且つ雑味が無く済んだ印象のお酒でした。

ただ、個人的にチョイと不満だったのは、ラベル等の表記が判りにくかった事。精米歩合からこのお酒は「純米大吟醸酒」になるのですが、ただ「純米」としか表示されていなかったので、最初手にした時は戸惑いました。日本酒のラベル表記については、業界で統一されていない部分があって判りにくいなぁと思う事がしばしばありますが、このお酒についても感じました。「いい加減、業界が一枚岩になって表記統一しろよ」と今回も思いました。


羽水 純米
  醸造元:株式会社せんきん(栃木県さくら市)
  原料米:山田錦,精米歩合:麹米40%,掛米50%
  アルコール度数:15度,日本酒度:記載無し
  酵母:栃木酵母,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2018年3月
  購入場所:宮田酒店,価格:2,800円+消費税(1800ml)
  ※原料米は酒販店Blogから転記


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2018/05/04

第6回 カレーなる戦い in 杉並

今日の昼食はカレーライス。

荻窪タウンセブンの屋上で開催されていたカレーなる戦い in 杉並へ出かけました。
このイベントは2015年からはじまり今回が6回目とのことですが、アチキは初めて行きました。
杉並区内の17店舗が自慢のカレーを振る舞うこのイベント、今年は5月3日,4日の2日間開催されました。

会場に行くと、先ずはチケットを購入します。1回で1000円、ご飯大盛りは+100円。チケット1回分でカレーは4種類選べます。アチキはご飯大盛りにしました。
Img_2502
どのカレーも美味しくいただきましたが、ご飯の量が見かけよりも多く、この1回分でお腹いっぱいになってしまいました。ホントはもう1回食べたかったのに、チョイと残念でした。昨日も行くべきだったかなぁ。

次のカレーなる戦い in 杉並は、10月27日,28日に高円寺フェスのイベントとして開催するそうです。
次回も行ってみようかな。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 杉並区情報へ


2018/04/30

家呑み-ゆきの美人 純米吟醸 愛山麹 生酒

秋田県秋田市にある秋田醸造株式会社のお酒です。「ゆきの美人(ゆきのびじん)」純米吟醸で、麹米に愛山を使用しています。

Img_2446
開栓した際の上立ち香は華やかな吟醸香、お酒の色合いはうっすらとした黄緑色系です。

先ずは冷蔵庫で冷やした状態の一口目、シャープな口当たりで、舌上にビリリしたガス感を少し感じます。フルーティーで柔らかい酸味主体の味わいに、ほんの少しの苦味が味のアクセントになっています。呑み込むと味がさっと消えていきます。キレがありますね。

口中で転がすと旨味が少し出てくるほか、決して嫌みでは無い苦味もチョイと前に出てきますした。温んでくると作美が円くなり、ここでも旨味が少し出てきます。

キレがあり呑んだ後口中をスッキリさせてくれますので、魚料理を食べた後の口直しのお酒もしくは食後に呑むのに向いていると思います。

このお酒はほぼ1週間置きに呑んでいましたが、ガス感は徐々に弱まって少しずつですが旨味が出てきました。その後も旨味が増してきて、呑み始めから1ヶ月後はコクの様なものも感じる様になりました。

開栓から2週間後辺りでは酸味と旨味のバランスがアチキ好みで、初鰹のお刺身と合わせた時は食事が楽しかったです。

呑み始めの柔らかい酸味とキレの良さから1ヶ月経ち旨味主体の味わいと、期間をかけて味わいの変化を楽しめたお酒でした。

ゆきの美人 純米吟醸 愛山麹 生酒
  醸造元:秋田醸造株式会社(秋田県秋田市)
  原料米:兵庫県産愛山20% 秋田酒こまち80%,精米歩合:55%
  アルコール度数:16度,日本酒度:+3
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2018年3月
  購入場所:髙原商店,価格:2,700円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2018/04/28

家呑み-庭のうぐいす 純米吟醸 あらばしり生酒

季節は夏に近づいているのに、コートを着ていた時期に発売されたお酒の感想です。福岡県久留米市の蔵元、合名会社山口酒造場「庭うぐいす(にわのうぐいす)」の純米吟醸あらばしり生酒です。

Img_2422
栓を抜くと、注ぎ口から華やかな吟醸香が漂います。ほぼ無色透明な色合いですが、ほんのうっすらと黄緑色がかっています。

冷蔵庫で冷やした状態の一口目、口当たりは思っていたより硬くなく、ガス感を感じます。口に含むとマスカットの様な酸味と少々の旨味がしますが、段々とジューシーさが増してきます。呑み込んだ後は、酸味とほんのチョイと苦味が暫く残ります。

口中で転がすと酸味が口中に拡がります。室内において少し温ませると、香りが増し旨味とコクの様なものが出てきました。

ジューシーな味わいです。お米のジュース、と言いたくなります。酸味と旨味を十分に出ていますが、濃すぎず呑み飽きしません。

開栓後は5日から1週間置きに呑んでいました。ガス感は段々と弱くなって落ち着いてきた感じになりましたが、酸味主体の味わいは殆ど変わりませんでした。

一通り食事が済んだ後、チーズを一欠片つまみながら呑む事が多かったですかねぇ。白身魚のお刺身と合わせてみた時は相性が良く食事もお酒も進みましたが、魚の種類によってはお酒の味を強く感じることがあるかもしれません。

新酒で時々感じる荒々しさや硬さは無く、ジューシーな味わいがいつまでも続いていたお酒でした。

庭のうぐいす 純米吟醸 あらばしり生酒
  醸造元:合名会社山口酒造場(福岡県久留米市)
  原料米:麹米:山田錦,,掛米:夢一献,精米歩合:50%
  アルコール度数:16度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2018年2月
  購入場所:髙原商店,価格:3,000円+消費税(1800ml)
  ※原料米品種は蔵元WebSiteから転記


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2018/04/01

家呑み-篠峯 ろくまる 八反 純米吟醸 無濾過生酒

奈良県御所市にある千代酒造株式会社社の「篠峯(しのみね)」の裏バージョンにあたるお酒です。広島県産の八反35号を使用した純米吟醸ですが、精米歩合は60%にとどめています。

Img_2406
開栓後に感じる上立ち香は、控え目な吟醸香です。器にそいだお酒の色合いは、うっすらとした浅黄色です。

先ずは冷蔵庫で充分冷やした状態でいただきます。一口目、柔らかい口当たりで舌上にシュワシュワとしたガス感がします。マスカットの様な酸味が口中に拡がり遅れて旨味も感じますが、甘味も仄かにあります。呑み込んだ後は、いつまでも味か口中に残らずスッと消えていきます。

二口目、今度はより酸味を感じます。ガス感が心地よく軽やかな印象です。

口中で転がすと酸味がより出てきますが、少し堅さも感じます。少し温ませると口あたりが柔らかくなり旨味が少し出てきました。

酸味主体の味わいにガス感もありますので、爽やかな印象のお酒です。口直しや食後のお酒向きかな思い、実際食後に呑むことが多かったです。

食事中に呑んだ時は中トロのお刺身と合わせてみましたが、中トロの味を感じつつも口中がさっぱりとしました。一方、食後にゆるりと戴いていた時は、ビターチョコレートの苦味とお酒の酸味が意外と合いましたねぇ。

開栓後は5日から1週間置きに呑んでいましたが、シュワシュワなガス感は段々と弱くなりましたが、酸味主体の味わいに変化は殆ど感じませんでした。

「篠峯」はお米の品種にこだわっているそうですが、今回戴いた八反のお酒は、開栓時から呑み終わりまで味わいが大きく変わることなく安定していたのが印象的でした。

篠峯 ろくまる 八反 純米吟醸 無濾過生酒
  醸造元:千代酒造株式会社(奈良県御所市)
  原料米:広島県産八反35号,精米歩合:60%
  アルコール度数:16度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2018年2月
  購入場所:はせがわ酒店GRANSTA店,価格:3,000円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2018/03/21

家呑み-國権 純米生原酒 垂れ口

福島県南会津郡にある国権酒造株式会社の「國権(こっけん)」純米生原酒 垂れ口です。初しぼりのお酒だそうです。

Img_2389
栓を抜いても上立ち香は殆ど感じません。ほぼ無色透明なお酒です。

先ずは冷蔵庫で充分冷やした状態で一口目。キリッとした口当たりです。酸味主体の味わいですが、旨味もかなり感じます。呑み込むとサッと味が消えていきます。

口中で転がすと酸味がより出てきました。室内に置いて温ませると旨味が増してきました。

新酒ですが、荒々しさは感じません。しっかりと味が出ていて呑み応えあるお酒、それが第一印象でした。

開栓後は1週間程度の間隔で呑んでいましたが、味わいに大きな変化はありませんでした。

試しにお燗に点けるとどうなるか、チョイとやってみました。

30℃前後(日向燗)……旨味が増してきました。酸味と程よく混じり合って少し円やかな味わいになりました。
35℃前後(人肌燗)……旨味の後から柔らかい酸味が口中に拡がります。ゆるりと呑みたくなる、そんな味わいでした。
40℃前後(ぬる燗)……旨味が前面に出ていますが、味わいに若干きつく感じました。
45℃前後(上燗)……ふわっとした口当たりです。旨味主体の味わいで、コクがあります。酸味は味の引き立て役になっています。
50℃前後(熱燗)……先ず旨味を感じますが、直ぐに円やかな酸味が味の中心になります。ジューシーさが増したかな?
55℃前後(飛びきり燗)……熱燗よりもさらに酸味が味の真ん中にあります。円やかな口当たりできつく感じません。
燗冷まし(20℃位)……外連味のない柔らかい酸味で呑み易かったです。

お酒の温度を上げていくと上燗までは旨味が出てきましたが、熱燗以上では円やかな酸味主体の味わいに変わりました。味わいの変わり目が判って、呑み比べていて楽しかったです。

色々試した中でアチキ好みだったのは上燗と熱燗でした。上燗では温かい料理に合わせてみたくなりました。一方の熱燗は寒い日にほっこりしたい時に呑みたい味わいでした。

「國権」を家呑みしたのは、実に9年振り!本当に久しぶりに戴きました。外呑みでは時たま呑んでいたんですけどね。今回戴いた純米生原酒垂れ口は、しっかりと味が出ている濃醇な味わいでした。生酒ですが、アチキとしてはお燗酒の方が好みでした。


國権 純米生原酒 垂れ口
  醸造元:国権酒造株式会社(福島県南会津郡南会津町)
  原料米:美山錦,精米歩合:60%
  アルコール度数:17度以上18度未満,日本酒度:+2
  酵母:記載無し,酸度:1.6,アミノ酸度:1.3
  製造年月:2017年12月
  購入場所:髙原商店,価格:2,700円+消費税(1800ml)
  ※原料米,日本酒度,酸度,アミノ酸度は蔵元Web Siteより転記


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2018/03/13

家呑み-美寿々 純米吟醸 おりがらみ 無濾過生

2018年に家呑みした2本目のおりがらみのお酒です。長野県塩尻市の蔵元美寿々酒造株式会社社の「美寿々(みすず)」純米吟醸おりがらみです。

Img_2386
冷蔵庫から出したら、瓶を静かに逆さまにし澱が均一にしてから栓を開けます。上立ち香は控え目な吟醸香です。グラスに注いだお酒は、うっすらと濁っています。

きんきんに冷えた状態での一口目、キリッとした口当たりで舌上にピリリとしたガス感を感じます。マスカットの様な酸味が主体の味わいで、後から仄かに旨味も感じます。呑み込むと酸味が喉奥に残りますが、やがてスーッと消えていきます。

口中で転がすと、酸味が口中に拡がっていきます。室内において少し温ませると口当たりが円くなりましたが、少し苦味も出てきました。

味が濃すぎずキレもあり、呑んでいると口中をスッキリとさせてくれます。やや濃い味付けの和食、例えばぶり大根や肉じゃがなどと合うのでは。

開栓後は5日から1週間置きに呑んでいましたが、ガス感がほんのチョイとずつ薄まった以外に、味わいに大きな変化はありませんでした。キレの良さも健在です。

この記事を書いている3月中旬は呑み始めから1ヶ月以上経ちますが、開栓時の印象が変わらないのは造りが安定しているからでしょうか。

「美寿々」を戴いたのは今回が初めてでした。味が突出していないので、料理と合わせて呑んだり食後にゆるりと呑んだりと、アチキには場面を選ばずに楽しめるお酒でした。ここのお酒も、機会があれば別の造りのお酒も試したいと思いました。

美寿々 純米吟醸 おりがらみ 無濾過生
  醸造元:美寿々酒造株式会社(長野県塩尻市)
  原料米:美山錦,精米歩合:49%
  アルコール度数:16%,日本酒度:+1
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2017年12月
  購入場所:三ツ矢酒店,価格:2,650円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2018/03/03

家呑み-原田 特別純米酒 槽出あらばしり

初めて戴くお酒です。山口県周南市にある蔵元株式会社社はつもみぢの「原田(はらだ)」特別純米酒のあらばしりです。

Img_2312
澱が瓶底にたまっているので、開栓する前に瓶を静かに逆さまにして澱を均一にします。お酒を器に注ぐと、ソーダのような香りがします。お酒に澱が混ざっているので、色合いは乳白色です。

先ずは冷蔵庫で充分冷やした状態での一口目、キリッと締まった感じの口当たりです。適度にガス感があり舌を刺激します。お酒を口に含むと、リンゴの様な爽やかな酸味を先ず感じ、後からからお米の旨味が口中に拡がります。呑み込むと旨味が消え、喉の奥に酸味が残ります。

口中で転がすと、酸味と旨味が混じりジューシーな味わいになりました。温んでくると酸味は薄まり旨味主体の味わいになります。

爽やかな酸味が主体の呑みやすいお酒です。口中をスッキリさせてくれますので、口直しのお酒として戴くのもありかと思います。また、食後のデザートや果実と合わせてみるのも面白いかもしれません。

開栓後は1週間から10日間隔で呑んでいましたが、爽やかさはありつつもガス感は徐々に無くなり旨味がほんのチョイと増してきました。少しずつ酒質が落ち着いてきたんですかねぇ。

ここの蔵元は、しばらくの間酒造を停止していたのを、平成17年酒造年度から酒造りを再開させたんだそうです。今回戴いたのは「あらばしり」でしたが、先に書いた様に呑みやすいお酒でした。他の造りのお酒も試してみたいと思いました。

原田 特別純米酒 槽出あらばしり
  醸造元:株式会社はつもみぢ(山口県周南市)
  原料米:山口県産山田錦,精米歩合:60%
  アルコール度数:18度,日本酒度:+1
  酵母:記載無し,酸度:1.7,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2017年12月
  購入場所:髙原商店,価格:2,900円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2018/02/27

家呑み-くどき上手 純米大吟醸 しぼりたて 出羽の里48%

久しぶりに家呑みの記録です。山形県鶴岡市の老舗亀の井酒造株式会社社の「くどき上手(くどきじょうず)」純米大吟醸しぼりたてです。山形県産の酒造好適米「出羽の里」を48%まで磨いています。

Img_2311_1
栓を抜くと、うっすらとした吟醸香が立ち上がってきます。無色透明なお酒です。

冷蔵庫で充分冷やした状態での一口目、滑らかな口当たりです。パイン系の酸味が主体でジューシーな味わいです。呑み込んだ後もジューシーさが口中に残ります。

呑みやすいお酒です。ついつい何倍も呑んでしまいそうで、ある意味危険なお酒かもしれません。宴の乾杯時や食前酒に向いているかなと思いました。

口中で転がすと酸味がより出てきましたが、お酒の辛さもチョイと感じました。室内にしばし置いて温ませると、酸味が円くなり旨味も少し出てきました。

開栓後は概ね1週間毎に呑んでいましたが、日が経つにつれジューシーさは薄いで徐々に落ち着いてきた感じがしました。ただし酸味主体の味わいに大きな変化はありませんでした。

「くどき上手」は日本酒を好んで呑み始めた30代の頃から時々呑んでいるお酒です。こうして家呑みするのは久しぶりでしたが、味わいにブレがなく、いつ戴いても安心して呑めるお酒です。今回家呑みした純米大吟醸も、素直に美味しいと思えるお酒でした。

くどき上手 純米大吟醸 しぼりたて 出羽の里48%
  醸造元:亀の井酒造株式会社(山形県鶴岡市)
  原料米:山形県産出羽の里,精米歩合:48%
  アルコール度数:17度以上18度未満,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2017年12月
  購入場所:髙原商店,価格:2,900円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2017/12/31

2017年の振り返り -お酒編

2017年の外呑み・家呑みを振り返り

外呑みは出歩く回数が減りましたねぇ。
長時間拘束される仕事が続いているせいで、
荻窪以外で一人呑みすることはありませんでした。
はしご酒もしなくなりました.。
新規かに訪れたお店も無し。
年ですかねぇ。

来年はもうチョイ外呑みを増やせれば、なんて思っています。

今年、家呑みしたお酒で記事にできたのは19本分。
10月後半以降は爆忙状態で疲れていて、記事にすることができませんでした。
書きし損じたお酒は4~5本ですかねぇ。チョイと残念。

来年は家呑みも楽しみたいものです。


こうして振り返ると、なんか仕事で生活を振り回された1年、そんな気がします。
食ってくためには仕事はしなくちゃいけませんが、仕事中心の生活はしたくないです。
もうチョイ仕事以外の時間を増やしていきたいです。

«2017年の振り返り -音楽・読書編

フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

にほんブログ村

  • にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 杉並区情報へ
  • にほんブログ村 酒ブログへ
  • 宜しければ↑を『ぽちっ』とクリックしていただけると嬉しいです。
無料ブログはココログ